MENU

プロミスの審査の流れについて解説します!

本には多くの消費者金融がありますが、その中でも知名度抜群なのがプロミスです。コマーシャルをテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

プロミスでは最短30分で審査ができるということをセールスポイントにしています。審査というとあれこれ心配になる人もいるかもしれませんが、悩む前にとりあえずは実際に申し込んでみることをおすすめします。

 

プロミスの審査に通るためには次の条件を満たしていることが必要です。ご自身に下記の4つを当てはめて考えてみてください。

 

  1. 毎月確実な収入があること(学生や主婦でもパートやアルバイトなどで安定した収入があれば大丈夫です)
  2. 総量規制の対象にならないこと(他社で年収の3分の1に相当する借り入れがあると総量規制の対象になります)
  3. 申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下であること
  4. クレジットカードや利用しているカードローンに滞納がないこと(直近3ヶ月の支払いを確認しましょう)

 

上記の条件を満たしていれば審査には通過できます。問題ないという人は審査をプロミスに申し込んでみましょう。申し込みの際に情報を入力する項目に虚偽があると審査には通らなくなります

 

当たり前ですが正しい情報を入力することを心がけましょう。また審査の際には「在籍確認」が必要になります。勤務先に電話がかかってきますが、このときは個人名でかかってきますので周りの人にプロミスの申し込みをしたことを知られてしまうという心配は不要です

 

プロミスの審査はおよそ30分〜1時間程度で完了します

プロミスのオペレーターは女性で安心

プロミスでは連絡先に携帯電話を指定すれば審査結果は申し込んだ人の携帯電話に直接かかってくることになります。ですから自宅などに電話があって家族に知られてしまうといった心配は不要です。

 

またこの時にはプロミスのオペレーターから限度額についてなどの説明がありますので、しっかりと聞いて疑問があれば質問するようにしてください。

 

プロミスで電話対応を行うスタッフについては、「オペレーターが女性で安心して話ができた」「質問の意図をしっかりと汲み取ってくれて回答も的確だった」などと良い口コミが多くなっています。

 

お金を貸す側だからといって高圧的な態度などは一切ありませんから、利用の際には納得できるまでしっかりと話を聞くようにしましょう。

 

プロミス

プロミスでは即日融資も可能です

スマホでも簡単申し込み

にお金が必要になって「今すぐお金を借りたい!」と消費者金融に申し込むという人が多いようです。そんな場合でもプロミスでは即日融資に対応していますから安心して申し込むことができます。

 

即日融資のためにはweb契約が便利です。web契約という言葉を初めて聞く人もいるかもしれませんが、パソコンやスマートフォンや携帯電話を利用してインターネット(web)から申し込む方法がweb契約です。

 

プロミスでは「web契約」「来店契約」「郵送契約」の3つの申し込み方法が用意されています。この中からweb契約を選んで平日の午後2時までに契約を完了すれば即日融資も可能です。

 

web契約というとなんとなく難しそうですが、実際にはパソコンやスマートフォンや携帯電話を普段から使っている人でしたら簡単に申し込めますし、web契約ならば誰かと直接対面する必要もなく契約から入金までを完結させることができるのでとても効率的です。

 

30日間無利息で借りれるサービスがあるプロミス

これ以外に30日間無利息のサービスをプロミスでは行っています。これはプロミスのポイントサービスに申し込んだ人に限られるのですが、すぐに返済する予定があって利息の負担を減らしたいという人にはおすすめのサービスです。

 

プロミスの実質年利は4.5%から17.8%となっていますからとても低金利です。実際の利息について計算してみます。

 

例えば10万円を金利17.8%で借り入れて30日後に返済した場合の利息は、「100000円(借入額)×17.8%(年利)÷365日(1年)×30日(借り入れ日数)=1463円」ということになります。利息の負担もこのぐらいなら大丈夫ですよね。是非とも低金利で利用できるプロミスをご利用ください。

プロミスの審査は厳しい?それとも甘い?

プロミスの審査は厳しい?

こまでプロミスの審査について解説してきましたが、最後に全体のまとめとしてプロミスの審査は厳しいのかどうかについて考えてみたいと思います。審査については漠然とした不安や疑問を感じている人が多いのではないでしょうか。

 

審査の厳しさについては審査基準によって変ってくるのですが、実はプロミスでは審査基準は公表していないのです。これはプロミスに限らず、ほとんどの消費者金融では審査基準をオフィシャルには公表していないのです。

 

ですからこの文章を含めた消費者金融などの解説については、過去の申し込みの経験者の声や様々なデータなどに基いた推論なのです。「仮説なのか」と質問されたら「はい、そうです」ということになります。

 

プロミスの審査の厳しさの実際は?

それでは実際にプロミスの審査は厳しいのでしょうか。これは甘いとも厳しいともいえないというのが正直なところです。ただし安定した収入があって確実な返済が見込める人には積極的に融資をするのが消費者金融の仕事ですし、またそれが消費者金融の役割なのです。

 

特に最近は消費者金融についての情報が豊富ですから、普通に申し込めば審査に問題なく通るような人が申し込みをためらっているという例も多いようです。あれこれ悩むよりも実際に申し込んでみることをおすすめします。実際にあっさりと審査に通る人の方が多いんですよ。

プロミス


さっそくWEBからプロミスに申し込む


プロミス