MENU

プロミスの審査に落ちてしまう人には共通点があります!

プロミスに申し込んでみたけれども、審査に通ることができず利用できなかったという人もいるようです。これはプロミスに限らずすべての消費者金融に共通したことなのですが、審査に通ることができない人にはそれなりの理由があるようです。

 

また審査に通らなかったからといって簡単に別の消費者金融に申し込むというのはおすすめできません。なぜ審査に通らなかったのかを考えて、できればそれを改善しようとすることが大切なのです。

 

審査に通ることができない人に共通した特徴について

審査に通ることのできない人にはいくつかの共通した特徴があります。まず最初に総量規制が原因となっている場合があります。平成22年から貸金業法という貸金業者を規制する法律が施行されました。総量規制はこの中の決まりのひとつで、借り入れの限度額を年収の3分の1までに制限するものです。

 

この総量規制は借り入れ1件あたりではなく、借り入れ全体に対して制限されることになりますから、他社からの借り入れの総額が既に年収の3分の1近い場合には、この総量規制によってそれ以上の借り入れは認められないということになるのです。

 

ただしこの総量規制については一般的な自動車ローンやショッピングローンや銀行からの融資などは含まれませんので、これらについては別に考えて大丈夫です。

 

次に希望する融資限度額が大きすぎる場合があります。他社からの借り入れがない状態であっても大きな額の借り入れを希望すれば確実な返済についての懸念が生じますから、借り入れが認められないこともあるのです。

 

プロミスを含めた消費者金融では借り入れの限度額を50万から100万としている場合が多いのですが、だからといっていきなりそのような金額を希望しても難しいかもしれません。小さな融資限度額から始めて利用実績を重ねて利用限度額を大きくしていくというのが消費者金融では一般的なのです。

 

また短期間に数多くの申し込みをしているという場合があります。これは消費者金融に利用を申し込んだところ審査に通らなかったため、別の消費者金融に次々と申し込みを繰り返すというパターンです。

 

消費者金融では申し込みの履歴についても信用情報に記録されますので、短期間に集中して頻繁に申し込みをしている人の場合には審査で要注意と判断されることもあります。一度申し込んで審査に通らなかった場合には、しばらくの間(2ヶ月程度)期間をおいてから別の申し込みをしたほうが有利でしょう。

 

最後に自分には全く思い当たることがないのになぜか審査に通ることができないという人の場合には、信用情報機関に登録されている情報の開示を希望して確認することをおすすめします。

 

極めて稀なケースですが、間違った情報が信用情報機関に登録されているために審査に通らないということもあるようですから、その場合には申請して間違った情報を削除してもらうようにしましょう。